はじめよう!塗り壁

どこの壁にどんな色 ~計画編~

set_2

1.お部屋ごとに色選び

まずはどのお部屋に、どんな色を塗るか計画を立てましょう。キッチンや子供部屋には明るい色を、寝室やリビングには落ち着きのある色合いがおすすめです。家具との相性も考えながら色を選んでいきましょう。またポイントで一面だけ違う色を組み合わせるなど、工夫次第で部屋全体の雰囲気をガラリと変えることができます。

どんな色合いにしたいのか、実際に目で見て検討したいなら「内装材シミュレーション」で試してみましょう。壁の色が変わると印象がどれほど変わるか確認できます。

 

・内装材カラーシミュレーション

あらかじめ用意された9種のお部屋の画像を使って、塗り壁・家具・床の素材や色が自由に組み合わせられます。
内装材カラーシミュレーションはこちら

 

・フォトシミュレーション

ご自分で撮影した写真を使って塗り壁の色や模様付けをシミュレーションすることができます。よりリアルにコーディネートの検討が可能です。※こちらのコンテンツは無料ユーザー登録が必要です。
フォトシミュレーションはこちら

 

2.塗る壁の寸法を測りましょう

壁の縦横のサイズを測って、塗布する平米(㎡)数を割り出しましょう。塗布面積が出たら必要な内装材の量を割り出して、かかる費用を算出。予算に合うか確認しましょう。

<例>
「テンダートップけいそう」1缶の標準添付面積は10㎡(2回塗り)。
1缶(10,800円)で、例えば縦2m×横5mの塗布が可能です。

 

3.希望カラーのサンプルを取り寄せ

set_01
色が決まったけれどイメージ通りの色かどうか、ちょっと心配。そんな時には、サンプルで色味を確認しましょう。A4サイズにご希望の色を塗ったサンプルをお届けします。(有料)
A4判塗りサンプルについて

 

あなただけの色の塗り壁を作るなら、プロに相談しましょう。

四国化成の<CCM コンピューター・カラー・マッチングシステム>は標準色以外の微妙なニュアンスのカラーも独自のシステムでお作りすることができます。
詳しくは、プロフェッショナルにお問い合わせください