なるほど!塗り壁

塗り壁は、こんな壁

set_1

日本の自然に寄り添った、
塗り壁だけのチカラ

壁は生活空間をぐるりと囲む大きな要素。壁が変わるだけで部屋全体の印象が大きく変わります。
さらに見た目だけでなく、快適な空間づくりのために重要なのが壁材選び。
壁紙(クロス)や板材などが使われていますが日本の気候にあった内装材「塗り壁」が近年、改めて注目されています。
「塗り壁」ってどんな壁? その特徴をご紹介します。

set_15

安心の天然素材

塗り壁の原料は水や土、植物などの天然素材。仕上がりや機能性に応じて、珪藻土(けいそうど)、聚楽土(じゅらくつち)、川砂、備長炭、漆喰などが使われています。人にも環境にも優しい自然の壁材です。

 

壁を変えるだけで、室内環境を改善

高温多湿な日本の風土の中で生まれた塗り壁は、優れた調湿性を備えています。特に「けいそう壁」や「備長炭壁」は湿度が高い時には吸湿し、湿度が低い時には放湿する吸放湿性能に優れた“呼吸する”壁。室内の湿度が一定に保たれるため、ダニ・カビの発生の抑制も期待できます。さらにホルムアルデヒドを無害化し、悪臭の消臭効果も。有害化学物質ゼロで空気の質を変えるのが、塗り壁です。
※塗り壁の原料によって機能は異なります。

 

環境に優しく、長く付き合えるエコ壁

塗り壁には自然の素材を使っているので施工時に有害物質を排出せず、解体後も有害な産業廃棄物をほとんど出しません。環境に負担を掛けずに自然の恵みを利用できるのです。耐久性にも優れ、重ね塗りや補修を行うことで長く付き合うことのできるエコな壁なのです。

 

温もりのある独特の風合い

set_2
天然素材ならではの質感、ハンドメイドならではの温もり。塗り壁は特有の豊かな表情を生み出します。近年では豊富なカラーバリエーションで和室はもちろん、モダンな洋室にも調和。陽の光や照明で印象が変わるのも塗り壁の繊細な特徴です。また塗り壁は経過とともに色合いや風合いに深みが加わり、クロスなどにはない経年変化による味わいも楽しめます。